歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 「外郎売」について:02=「外郎」という名称の由来=        | main | 「外郎売」について:04=大道芸としての「外郎売」 >>
# 「外郎売」について:03=お菓子の「ういろう」=
上にも書いたように、初代「陳宗敬」さんの息子の「大年宗奇」さんが、「お菓子のういろう」のレシピを作ったようです。

今の「練羊羹」の製法が江戸市中に広まったのが寛政(1700年代の終わり)のころらしく、江戸中期です。室町時代にあって「ういろう」が今売っているものに近い品質だったとしたら、
「小豆を煮てアクを取り、裏ごしする」「煮溶かして精製した寒天で固める」という高等技術を駆使した夢のお菓子だったということになります。
昔の羊羹は煮てつぶした小豆に砂糖と小麦粉か山芋を混ぜて、蒸しただけのもののようです。それはそれでおいしそう。
=04:お菓子の「ういろう」=

前章にも書いたように、初代「陳宗敬」さんの息子の「大年宗奇」さんが、足利幕府にまねかれて京にのぼり、
「お菓子のういろう」のレシピを作ったようです。
「お菓子のういろう」は当時(足利幕府のころ)の京都で外国使節の接待に使われました。
元が滅びたのが1368年、足利義満が明と交易を始めたのが、1400年ごろですので、
だいたいその時代の話でしょう。

今の「練羊羹」の製法が江戸市中に広まったのが寛政(1700年代の終わり)のころらしく、江戸中期です。
室町時代にあった「ういろう」が、今売っているものに近い品質だったとしたら、
「小豆を煮てアクを取り、裏ごしする」「煮溶かして精製した寒天で固める」という高等技術を駆使した夢のお菓子だったということになります。
昔の羊羹は小豆を煮てつぶし、そこに砂糖と小麦粉か山芋を混ぜて、蒸しただけのもののようです。
ちょっと混ぜ物が入ったあんこ、というかんじです。
まあそれはそれでおいしそうです。


歌舞伎の台詞の「外郎売」では、帝が「薬の透頂香」を大いに気に入ったという話になっていますが、
実際は当時はお菓子のほうが珍重されたようです。
そのため「外郎家」は、都の貴族たちとかなり親交があったようです。

五代目の分家が小田原、北条氏に招かれます。1504年だそうです。
これもどうも「お菓子目当て」の色が強いみたいです。
大名同士の接待に使われたモヨウです。
こういう高級菓子類は、しかし、初期の江戸市民には売られなかったようです。
職人が市井に降りてきて、技術を披露しはじめ、いわゆる「練羊羹」が世に出始めるのが、
寛政(1872〜81)のころだったということでしょうか。

チナミに京都に残った本家は、その後の都の混乱とともに衰退したようです。
都にいた職人が名古屋に移って、今の「名古屋名物、ういろう」の元祖になったらしいです。

「東海道中膝栗毛」に喜多さんがお菓子の「ういろう」目当てに当時の「ういろう本舗」に入って「なんだ薬の「ういろう」か」とがっかりするくだりがありますが、
喜多さんがほしかったのは、今売ってるお菓子の「ういろう」とは違う、もっと安っぽいものだったかもしれません。


前のサイトにご寄稿くださった水嶋 一耀さまの文章です。
ご本人の許可を得て掲載させていただいております。

ういろうと湘南
実は湘南の由来を調べているのですが、どうしてもういろうに突き当たる。
もともとういろう家の八代目の次男坊の宗雪が大磯に鴫立庵の元となる草庵を結び、その庭に立てられた「湘南清絶地」という石碑が湘南の原点になったといわれているので、
湘南の由来はどうしても宗雪がなぜ石碑を建てたか、というところにたどり着くわけです。
私もこの疑問を解くために中国・湘南まで行って来ましたが、おおよその謎は解けました。(と自分では思ってます)

実に重要な事なんですが、北条と禅宗は非常に縁が深く、
その延長で、宗敬が帰化した時には、北条にかわいがられたと言った感じだったようで、宗敬の背景には禅宗があったのではないかと思っています。
実は二十四代藤右衛門さんと話したのですが、外郎家は菩提寺として日蓮宗の寺をもっているのですが、歴代のご先祖で出家した人はそのほとんどが禅宗に帰依しているんです。
これは、きっと何かがあるんです。

小田原の地誌によると、外郎家について若干ふれていて、その中で、陳宗敬は上海の出身である、と記述されています。
わたくしは8代目の次男坊と言われている宗雪が湘南清絶地の石碑を建てたのは、とてつもない、心の動きがあった、つまり、深い感動を得たからだ、と思っています。
きっとかつてご先祖が捨ててきたふるさとの人に巡り会って、ここは湘南にとても似たところです。と言う言葉にふれ、その強い感銘を石碑に刻んだんではないか、と。
この宗雪にあった人は禅宗の伝道僧、しかも禅宗。出身は湖南省(つまりこの省の事を湘といいます)湘南ではないか。
なぜなら、湘南の象徴的な山が南岳衡山で、この山の中に南禅六派、臨済宗、曹洞宗など総本山があります。
で、外郎家は湘南の出身ではないか、と考えています。

わたくしがかつて中国湘南を訪れ、様々に調べて結果を外郎当代の籐右衛門さんに話したら、
「もしかするとあなたの指摘のように、湘南出身かも知れない」と言ってました。
小田原にある外郎家専用と言っていい菩提の寺が日蓮宗なのに、歴代出家したご先祖達の家系の記録では禅宗ばかりで、どうしてなのかその理由が分からなかった、
でも、湘南出身なら、禅宗のメッカと言う事を考えて、理屈に合う、と言う事でした。

ま、大半が推測に推測を重ねたものですが、中国・湘南の南岳衡山にある古南台寺の僧侶にあって、史実に基づいた話を聞いた時、この可能性が非常に大きいという事を感じたのです。

外郎家湘南出身という仮説を裏付けるため、ういろうで丸薬を買い、これを中国湘南までもって行きました。
実は、腑に落ちない事があったのです。
現在のういろうのおおもととなった外郎の丸薬と餅菓子の製造ノウハウをどう身につけたのか、と言う事が疑問でした。
だって、政府の高官ですよ、薬を作ったり、羊羹を作るという事を中国時代にノウハウとしてもっていたという事自体、妙な事でしょ。
そこで、これは中国時代の生活の中にあったごく普通のノウハウではないか、と考えたのです。つまり、湘南で暮らしていた当時の人たちは薬や羊羹は普通に作っていた、と言う仮説です。
ですから湘南に行った時「ういろう」と丸薬をもって行きました。

で、訪問して2日目、たまたま、地元の製薬工場の見学の機会があり、丸薬を持参して、工場長に見せました。この薬は日本からもってきたものです、と。
工場長はしばらく薬を眺め、いろいろとチェックした後、これはこの辺ではよく作られているものだ、と言うのです。
最近は見かけなくなったけど、しばらく前まで、町に薬売りがやってきて路上で販売していたものと同じだ、と。
鳴子のような木版を木槌でカンカンとたたきながらくすり〜、くすり〜と売り歩いていたそうです。この音を聞くと、くすりのほしい家から人が出てきて薬売りから買い求めたとか。
つまり、間違いなく、丸薬は湘南で作られていたものだったのです。それもごく普通にです。
湘南は山の文化です。いくらでも薬草は手に入ったのでしょうね。
日本では大変珍重されていますが、これは中国と日本の文化のレベルが違うという事だと思います。中国出身の外郎家はこのノウハウを活用したんだ、と言う事のようです。

実は羊羹も似たような事でした。
市役所の助役さんと話していた時に「ういろう」をおみやげとして出したら、これは正月にはどの家庭でも作るものだと。
だから、外郎家湘南出身説は、そうはずれていないのでは、と思っています。



以上引用でした。ありがとうございました。

湘南地方に、外郎家が大きい影響をあたえていたことがわかります。

前章にもちょっと書いたのですが、「ういろう」の原料生薬は湘南省ではあたりまえに手にはいったのだと思いますが、
日本では全て入手するだけでも大変じゃないですか。
質的にも量的にも当時の日本で安定供給されていたとは思えませんし。
最初は、都に招かれた息子さんの「大年宗奇」さんが「透頂香」を明から取り寄せたんだそうですが、
その後も「作っている」といいつつ、実は製品を毎回明から取り寄せていたのではないかとワタクシは想像しています。
中国湘南では簡単かつ安価にその薬が手にはいるのなら、なおさらです。
そんなにかさばるものでもありませんしね、少なくとも原料生薬をそのまま個人輸入(というか密輸?)するよりはずっと簡単だったと思います。
そして、その「個人輸入」のルートが、「中国からやって来た禅僧」だったのではないでしょうか。
禅寺の多い中国の湘南地方からやってくるでしょうし、
彼らの本国との手紙のやりとりも多分幕府にチェックされなかったと思うので、
「秘密のおつかいもの」を頼むにはぴったりだったかと。
8代目の「外郎宗雪」さんが、湘南出身の禅僧に会って話を聞いた、という水嶋さまの説とも、
「外郎」家は日蓮宗でありながら代々禅宗と関係が深かった、という事実とも符号するように思います。





| comments(1) | trackbacks(0) | 19:28 | category: 「外郎売」について |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:28 | category: - |
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
| 職務経歴書 | 2013/05/19 12:51 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/95
トラックバック
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links