歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 江戸の遊郭:01「遊女」と「芸者」 | main | 江戸の遊郭:03「深川」 >>
# 江戸の遊郭:02「芸者」
「芸者」というのは文字通り「芸をする」人です。三味線を弾いたり義太夫を歌ったり、踊りを踊ったりします。プロの遊芸者です。
彼女らは遊女のように売色はしません。

当時出回っていた遊郭ガイドブックを見ると、遊女=いくら、芸者=いくら、のように並べてお値段が書いてありますが、
これはあくまでお座敷での拘束料です。
「遊女」だけ呼んでも間がもたないので、「芸者」も呼んで歌ったり踊ったり、楽しいトークをしてもらったりするのです。
ベットインの時間になると芸者は帰ってしまいます。
とはいえ、芸者は遊女の引き立て役で、容姿が劣っていたかというとそうではなく、よっぽど評判になるような例外的な芸達者でないかぎり、みなさんキレイなお姉さんたちでした。
芸者はそこそこの年齢になっても続けられますが、やはり容姿が衰えると仕事は減ったようです。
今で言うと、アイドルタレントと歌手、みたいな棲み分けになっていたのだと思います。

また、遊女は基本的に外界(客以外の男)と接することがないように遊郭の中に住まわされており、外に出られませんでしたが、
芸者は、契約した店との年季(契約期間)が終わって、その時点で借金がなければ、遊郭の外に住んで「フリー」で仕事をすることができました。

容姿のいい女性が自立し、ある程度余裕のある生活をする手段として「芸者」はけっこう有効であり、
その目的で娘に一生懸命歌や三味線を習わせる母親もめずらしくなかったのです。
「お妾」でよければ、運がよければ「本妻」で、金持ちの客にみそめられて玉の輿に乗れる可能性もありましたしね。

実際、明治時代の某外務大臣の奥様は芸者出身のはずです。
その美しさや品のよさ、完璧に西洋のドレスを着こなしている様子を、当時のフランスの外交官が絶賛している文章が残っています。


さて、
「芸者」といたしたい時はどうするかというと、
一定の契約料を払って交渉して、「愛人」にするのです。
売れっ子の芸者はお座敷だけでそれなりに稼げますから、金をつんでも、相手が気に入らないと愛人にはなりません。
今の、芸能人や女優さんをお金持ちが愛人にするような状況と、かなり近いかと思います。
もちろん街のランクや遊女のランクによって事情はずいぶん変わります。
売れていない芸者は、パトロンがいなくては生活できなかったと思いますが、
それはそれで、今の芸能界ともしかしたら似ているのかもしれません。

吉原深川あたりの高級遊女街の事情を「売春」で片づけるのは、少し(かなり)違うということです。


ところで、「吉原」は幕府に正式に許可されは「官許遊郭」でしたから、「遊女」も「芸者」も普通にいます。

非官許の遊郭を「岡場所」と言いますが、そこにも「酌婦(しゃくふ:お酌係の女性)」の名のもとにかなりおおっぴらに「女郎」がいました。
もちろん「芸者」もいました。

他に、江戸に近い宿場、品川や新宿、板橋などの旅籠(はたご)も、旅行者だけではく、江戸市中からの客でにぎわいました。
江戸の遊郭のランキングなどの刷り物もよく売られたのですが。これらの旅籠も「江戸の遊郭」としてカウントされていました。
遊郭も岡場所も、駕篭(かご)で店に乗り付けてはいけなかったのです。これアリにすると、名のあるお侍とかが遊び放題になってしまうので禁止したのだと思います。
しかし、「旅籠」は、本来は旅の宿ですから、駕篭で乗り付けてもオッケーです。顔を見られずにすみます。
お侍もですが、お坊さんたちがよく行ったようです。あとはちょっとしたお店(おたな)の番頭さんとか、婿養子とか(笑)。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:48 | category: 江戸の遊郭 |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:48 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/90
トラックバック
Selected Entry
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links