歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< =9:『年とらねえとやっぱりこの味はでねえ』の巻= | main | =11:『“カオミセ”の歴史と現代的意義…。』の巻= >>
# =10:『色男のお庭番はいつだってアヤシイやつ』の巻=
『菊畑』 っていうお芝居のおハナシです。
『鬼一法眼三略巻』 (きいちほうげん さんりゃくのまき)っていう長いお芝居の三段目の第一幕です。

このあと『奥庭』 って幕がついてそれで三段目のストーリーが完成するので、この『菊畑』だけだと全然おハナシになってないんですが、
それでも『菊畑』だけをしばしば独立させて上演します。
理由は、「奥庭」はいかにも時代物風のありがちなオチなので面白くない、ということと、
『菊畑』のキャラクターがみんなキレイでかっこいいってこと。
ストーリーの首尾一貫性はまあ今さらどうでもいいかというわけですね、歌舞伎だし。

今回描いたのは知恵内 (ちえない)っていう色奴 (いろやっこ)です。
「色奴」(いろやっこ)、「繻子奴」(しゅすやっこ)とも呼ばれます。

奴さんは武家屋敷の使用人の総称ですから身分は低いんですが、その分気楽です。だいたい長く勤める人は少なく、あちこちのお屋敷を出入りします。プーです。
そのぶん世事にも長けています。

「色奴」は、奴さんお役柄の中でも特別な役です。主人公のそばにいて、世間知らずな主人公を陰日なたで助け、守ります。
おおような人柄でケンカも強く、主人公を悪人から守るだけではなく、お姫様との仲を取り持ったりもするオイシくて楽しい役柄です。
「奴さん」の定番の衣装は「紺看板」と呼ばれます。
背中にその家の紋所(看板)を大きく染めた、紺色で襟がシマシマの木綿の半纏です。
「色奴」は、同じデザインだけど色使いを派手にして、生地は繻子のピカピカのを着ています。かっこいいです。
「機嫌がいい役」というまことに当を得た表現で語られます。

この“色”がつく歌舞伎の役柄は他にもあって、“色悪”“色小姓”“色敵”。
まあ、この「色」は 「エッチな」ではなくて、“キレイな”くらいのイミなんですけど、
とはいえやはり「色」ですから “セックスの対象になりうる” というニュアンスもありますよ。
その場合相手は当然男も女もOK ですから、
なんというか、やっぱりエッチっぽいです。

登場人物にはこの「知恵内」のほかに「虎蔵」という美少年がいて、これがなんと、
御幼少時の九郎判官義経(くろうほうがん よしつね)様です、知恵内は実はその家来なのです。
このふたり、鬼一法眼 (きいちほうげん)っていう平家方の軍学者のお屋敷で正体を隠して働き、
スキを見て蔵にしのびこんで秘伝の兵法書『六韜三略』 (りくとうさんりゃく) を盗もうと、しているのでうす。
っておハナシです。
実際盗みに入るシーンが、この後の「奥庭」なのですが、今はそこまでストーリー行きません。

そこに、虎蔵(義経様)を好きなお姫様(チナミに強い)とかがイケイケなかんじに絡んできて、話をどんどんややこしくして知恵内を困らせます。

登場人物がみんなで好き勝手主張して、みんな派手な衣装で、舞台も色とりどりに咲き乱れる菊と紅葉、という、
極彩色の色と人間関係の、目がくらむようなモザイク、
というかんじの舞台です。楽しいー。その中心にいて一番目立つのが、この知恵内なのです。
義経様の家来だから、美少年にアタマが上がらないお兄ちゃんってかんじで笑えます。派手な衣装もぴったり似合ってますよ。

出だしのこのシーンも、庭そうじもしないで毛抜きでヒゲぬいてえばってるんですが、なかなか男くさい色気がただよってきますね、いいかんじ、いい機嫌。




チナミに義経様、このお芝居でも棒でひっぱたかれます。義経様といえばお約束ってかんじでしょうか、まあファンサービス。
次回、11月だから顔見世のはなし…。


作品解説です=こちら=
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:39 | category: 歌舞伎風俗通信 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/9
トラックバック
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links