歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 鳴かないホトトギスについての誤解 | main | 江戸の遊郭:01「遊女」と「芸者」 >>
# 大江戸身分事情
とある質問サイトで回答した内容に書き足し、編集したものです。

「江戸時代、士農工商の身分を越えて、リクルートはできたのか」という質問への答えです。
他の回答に「『士農工商』は明治時代に作られ。広まった言葉」、というのが複数あったのも受けています。

「士農工商」は、明治に入って作られた言葉ではなく、ちゃんと江戸時代の書物にも出てきますよ。
ただ、使われかたのニュアンスが違うのです。

江戸幕府は、すべての職業をこの4つに分類して、全ての国民は、そのいずれかに属していなければならない、と言ったのです。
いわゆる、ちゃんと働いていない「遊民」を禁止したということです。

というわけで当時も「士農工商」は概念として存在はしたけど、「上下関係」というニュアンスは強くなかった、
と思う方が正しいと思います。
「武士について」

確かに武士は態度の上でいばっていましたが、法律的な優遇はされていませんし、殆どの武士は、今の公務員的な仕事をしていました。
国民の税金で毎晩舞踏会をして遊んでいた同時代のヨソの国々と違い、
我が国の幕府はちゃんと年間予算を組んで大がかりなインフラ整備をし、治安維持に勤め、不測の事態が起これば、すばやく法改正をして事態を収拾しました。
通貨の発行量もかなりチミツに管理され、それが経済の安定の基盤となっていました。
今の政府とほとんど機能は変わらなかったと思います。
それらの機能の実務を全面的に担っていたのが、「武士」です。
ニホンのお役所ですので、昔も今も全部書類、書類、ハンコ、会議、手間がかかります。
全てが手作業で、電話もクルマもありませんから、一般的な商売以上にめんどくさかったろうと思います。

というわけで、「武士」はいまの「役人」みたいなもんなのです。けっこうマジメに社会のために仕事していました。
いばってはいましたが、いわゆる「働かなくていい特権階級」とは違ったのです。

幕府の監視下で「地方自治」を任されていた諸藩も、事情は同じです。
だいたいあまりバカやると幕府にバレて「お取りつぶし」になるので、誰も必死だったはずです。

当時の武士を、「抑圧的な支配階級」と見るのは絶対に無理があります。


「農→工商のリクルート」
農工商については、実質的に「ジャンル分け」にすぎなかったと思います。

地方の農業従事者が都市部に流れてきて商人や職人になり、都市部の人工が膨れ上がって問題になったのは有名なハナシです。
江戸後期にはいわゆる「ひと返し」政策が行われましたが、あまり効果はなかったようです。
というわけで、農民が商人や職人になる例はいくらもあると思います。
ただ、やはり商売にしても職人芸にしても、スキルがかなり必要なので、普通はかなり若いうちから住み込みの弟子として仕事を覚えます。
なので、オトナになってから農村部から出てきたひとたちの転職先は、下働きなどの単純な仕事が多かったのはたしかでしょう。
だから「農」出身で「工商」になるには、やはり、その息子さんの代までかかるかもしれません。
これは身分の問題ではなく、スキルの問題です。

江戸には「番太郎小屋」というのが辻々にありました。小さな小屋ですがヒトが住んでおり、夜回りや、木戸の管理をしました。マンションの管理人みたいなかんじです。
また、小屋でちょっとした雑貨や駄菓子や焼き芋なんかを売っていました。まんまコンビニです。
これらの「番太郎」は東北出身のヒトが多かったようです。これもリクルート組ということになるかと。
昔も、北国のヒトは正直で律儀、というイメージは強かったようですね。


「三代続かないと江戸っ子じゃない」という言い方は、
移住組の子供が職人か商人に奉公に出て、大人になって一人前になり、小規模ながら独立する。
さらにその子供の代くらいで、やっと商売が定着し、金銭的余裕ができる。
その間に、子供たちは都会暮らしに必要な教養やマナーを身に付ける。
この過程をクリアして、はじめて「江戸っ子」と呼ばれるにふさわしい、一人前の江戸市民のレベルの到達する。
みたいな意味です。
落語の影響なのかよくわかりませんが、下町の長屋にすむ、元気だけが取り柄のような八っつあんや熊さんが「江戸っ子」の典型のように思われていますが、
本来は、持ち家(せめて表通りの貸家)に住み、ひととおりの楽器や踊りの素養があり、発句のひとつも読み、芝居の筋にも精通していて声色(声色)も使える、可能ならばケンカも強い、洗練された都会人が、「江戸っ子」です。ちょっと考えれば当たり前です。
落語でネタにしているのは、江戸っ子っぽくしたいけどなりきれない、裏長屋のお兄ちゃんたちの、ちょっとイタい様子ですよ。
どこで意味がずれてしまったんだろう….

江戸時代の本に、東北の庄屋さんのお嬢様と話している江戸の芸者が、
「あなたのほうが、お琴も三味線も充分お稽古していて、たくさん本も読んでいる。我々よりあなたのほうがよっぽど江戸っ子らしい」みたいなことを言う場面がありますよ。
江戸にムダに長く住んでりゃいいわけではありません。


「武士のリクルート」
職種リクルートについては、
逆の「工商→農」ももちろんアリですが、今と同じで、面白みのないイナカ暮らしが嫌われるのか、あまりUターンやIターンは盛んでなかったようです。
今以上に農作業はタイヘンかつ専門知識が必要だったと思いますし。

リクルートの最も手軽な方法は「婿入り」「養子縁組」です。
「もと武士の農民」も「もと百姓の侍」も存在しますよ。


武士の次・三男坊は家督を相続できず、一生「部屋住み」ですから、それを嫌って武士を辞め、商家に就職するものが多かったようです。

よく「武士の商法」はうまくいかない例えに引かれますが、これは明治以降に時代に乗り遅れて商売に失敗した「士族」が目立ったからです。
「士族の商法」が正しいのですが、なぜか「武士の商法」という言い回しも最近あるようです。

一応言うと、ちゃんと転身に成功して明治以降を生き抜いた、元お侍のほうがずっと多かったのです。
江戸時代の武士の数を考えたら、それが全部没落していたらたいへんですよ。
どうしても悲惨な失敗例は目立つので記録に残り、「士族の商法=失敗」みたいに決め付けられてしまうのです。

江戸時代の武士から商人へのリクルート組は、礼儀作法がしっかりしている上、教えなくても読み書きそろばんがカンペキですから、重宝がられたようですよ。


「士農工商に入らないひとびと」
というわけで、「役者」です。
「役者」というのは「士農工商」にジャンル分けできないので職業として認められず、「ヤクザ」(博徒)同様「遊民」と見なされ、幕府に嫌われました。
初期の役者は表向き何か商売を持っており、てきとうに店をかまえてカタチだけ何か売っていたりしました。仕入れが安くて腐らない、小間物とか扇ちとかです。
そのときの店の「屋号」が、今も残る役者さんの「高麗屋」だの「音羽屋」だのの起源です。

江戸も後期になると「役者」という商売の認知度が上がって、あまりうるさいことをいわれなくなりましたが、天保の改革などでは再び苛められたようです。

同様に「落語家」も、表向きは他に商売を持っていました。
ところで、
江戸時代の「落語家」や「寄席」は、今のとずいぶんオモムキが違うのですが、それについてはまたどっかで書きます。

だいたい「身分制」だの「差別」だのがひどくなったのは、むしろ明治以降だと思います。
女性の権利を極端に制限し、人格を認めないような風潮も明治以降です。
薩摩や長州という土地にそういう傾向があったのだと思います。
江戸の垢抜けた繊細さを思う存分踏みにじってくれたよなと思います…。


部落問題に通じるモノももちろん江戸時代にもあるのですが、
「差別するのが目的」のような、あまりに歪んだ政策は、当時のモノではありません。あれも明治以降だと俺は思います。
彼らは一定の社会的役割を持ち、神事や正月のイベントにかかわり、行政の下部組織としての機能を持っていたりもしました。
その起源や役割はいくつかに分かれるのですが、例えば、古事記に出る神の末裔だったりするのです。
「汚れ」としての禁忌と、「神聖」としての禁忌が、ないまぜになっていたように思います。
そういうビミョウな一般社会との距離とともに、
「一文無しになったらとりあえず彼らの仲間になる」という現実的な存在感とが、これまたないまぜになっていたでしょう。

とはいえ、非人になってもその代のうちならいつでも元に戻れました。
だから「非人」は今で言うと「浮浪者」に近い感覚です。
武士が、敵討ちの旅の途中で路銀が尽きて、非人の仲間に入る、などというのはお芝居では常套です。
もちろん最後は敵を討ってりっぱな武士に戻ります。
ただし、「非人」の子供は、戻れません。ビミョウなところですが、やはり生活習慣が身に付いていないと普通の暮らしは難しいというのもあったかもしれません。

明治以降に作られたマイナス要素たっぷりのイメージで江戸以前を見る今の江戸観は、かなり、じつは「違う」ように思います。


おわり
| comments(0) | trackbacks(0) | 05:07 | category: 江戸のうざいウンチク |
# スポンサーサイト
| - | - | 05:07 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/88
トラックバック
Selected Entry
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links