歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< =怖いのはもちろん、鬼じゃなくて… の巻= | main | 江戸時代の貨幣価値:02  いろいろな貨幣単位 >>
# 江戸時代の貨幣価値:01
=江戸時代の貨幣価値=

とりあえず、イキナリ一覧表です。

江戸 上方
・一両・・・・・6万円 
・一分・・・・1万5千円
・二朱・・・・・7千5百円
・一貫文・・・1万円
・一さし・・・・千円
・四当銭・・・・50円
・一文(一銭)・・・10円

上方
・一両・・・・・・・・6万円
・一貫目(1000匁)・・100万円
・一匁(10分)・・・・1000円
・一分(10厘)・・・・100円
・一厘(一文)・・・・10円



・鳥目(ちょうもく)=一文銭のこと

古い言い方
・一疋(ぴき)(一文銭10枚)=100円



=「一両」「一文」はそもそもいくらか =

ビミョウなモンダイです。江戸時代の貨幣価値が現代に換算していくらか。
本でもお芝居でもいくらぐらいのお金でモメてるのか分からないと、おもしろさが伝わらない部分は往々にしてございます。
しかも現代とは物価の感覚とかがずいぶん違うので、ただレート計算すればいいってもんじゃないし。

「東海道中膝栗毛」での弥次さんと喜多さんの金の使いっぷり、参考になります。
道中饅頭1コ5文、甘酒10文、その他。
総じて一文10円ってくらいで感覚的にぴったり来ると思います。小さいおまんじゅう50円、ジュース100円です。

で、総体的に食べ物の値段は、今より安く、着るものとサービス料(吉原で豪遊したりのお値段ね)はムチャクチャ高い、と思えば
大体雰囲気つかめるかと思います。
厳密に計算していくらかってコトより、
その時代のヒトが、そのお金をどんな感覚で使ってたか、をできるだけリアルに感じ取るのが大事だと思います。

あと、
江戸前期、元禄のころと、後期、嘉永のころとじゃ貨幣価値違うだろとも思われるかもですが、
まあ明治→現代ほどの差はないです。
バブル前→バブル→今、物価は変わっても一万円は一万円、
その程度の変動かと思います。
さらに言うと、「徒然草」に銭(ぜに)二百貫という記述がありますが(詳細略)、だいたい、200万円くらいで計算して違和感がありません。南北朝のころからあまり貨幣の感覚は変わっていない可能性が高いです。


=では、一両はいくらなのか =

そして、日常通貨であるところの「文(もん)」と、高級貨幣であるところの「両(りょう)」の関係なのですが、
なかなかにこれが、
じつは変動相場です。ひとすじ縄ではいきません。
細かいところは下に書こう。とりあえずいくらくらいかというと、
六千文から七千文の間くらいです。

江戸中期後半、もっともバブリーだった文化文政から天保の改革直前あたりまでは、七千文くらいだったと思います。インフレです。
江戸は建前上「金本位制」をとってはいましたが、実際使う「一文銭」は、事実上、現代と殆ど同じ「管理通貨」でした。
市場の動向を見ながら幕府が流通量を加減し、経済を安定させていたのです。
江戸市民はそれを理解していたので、江戸後期の「一文銭」の品質が劣悪になっても、別に気にしませんでした。
今と経済構造のレベル変わらないと思います。
金銀相場の為替取引や、米や塩の先物取引でもうける投資家もちゃんと(?)いました。

とまあ、↑余談、だいたい一両=六千文以上と考えて間違いありません。

いかにもお堅いかんじの資料本に限って、「一両=四千文」と出ています。
ワタクシも信じて一時期「一両4〜5万円」と書いてました。申し訳ありません。
これは江戸も初期の初期、慶長のころに幕府が決めた、しかも市場取引用ではなく、幕府が民間相手にお買い物をするときの価格相場です。
公式資料なので引用されがちですが、実体とはかけ離れています。

ついでに言うと、「両」と「文」の関係は、今の例えば「一万円」と「一円」の関係とはビミョウに違います。
「金」(両貨幣ですね)を両替屋に持っていって、「金」で、「銭」(一文銭ですね)を買い、それで日常の用を足す」
という表現があるのですが、
「金、(銀)」と「一文銭」という、二種類の貨幣が、例えば円とドルが平行して使えるような感じで流通していたと思えばいいです。
「金」で買い物ができる場所は限られていたので、米や薪を買うときはまず、一般通貨である「一文銭」を買わなければならなかったわけです。

とりあえず、だから、
・一文は10円感覚
・一両は6〜7万円
です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:50 | category: 江戸時代の貨幣価値 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:50 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/72
トラックバック
Selected Entry
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links