歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< =4:『ご利益たっぷりのスキンヘッド』の巻= | main | =7:『若手俳優が溺れた禁断の世界。しくまれた情事と、公安のワナ』の巻= >>
# =6:『「ヨゴレ役」の美学』の巻=
『一本刀土俵入』(いっぽんがたなどひょういり)っていうのは
ちょっと前まで誰でも知っているおハナシだったらしいですが、
今はそうでもないですかね…。

主人公は、相撲取りです。
とはいっても、取的(とりてき)という関取になる前の、前相撲に出ている、まだ給金もらえないお相撲さんです。
しかも見込みがないので巡業先でクビになっちゃって、ひとりで江戸に戻るところという、なかなかナサケない設定です。

名前は、駒形 茂兵衛(こまがた もへえ)
名前もイモっぽいです(笑)。
歌舞伎の主人公は、当然あか抜けたいい男が多いですが、こういうイモ男も何人かいます。
この茂兵衛はその中でもナサケナイ設定といい、アタマ悪そうなキャラクターといい、 ピカいちのイモ兄ちゃんなんです、ナイス。
汚れたツルツルテンの浴衣と腰のてぬぐいが“ヨゴレ役”のキホンを押さえてますよ。
そもそも、“相撲取り”っていう設定がイモっぽいですよね。 “気はやさしくて力持ち”ってやつ。イモ男の鑑です。

画面からははみ出てますが、茂兵衛が持ってるヒモの先では宿場酌婦のお蔦(おつた)さんが一文無しの茂兵衛くんに、あり金全部と櫛、かんざしまで結びつけてあげちゃってます。
こういう思わずメンドウみたくなっちゃうかわいさというか、ナサケなさというか、そういうカッコ悪いトコロが“ヨゴレ役”の真骨頂だなあと思います。

こういう役って、当然ですけど、カラダががっちりしていないとサマになりません。
おすもうさんだから、という以前に「イモ兄ちゃん」=ニッポンの伝統的なお百姓さんのイメージ=たくましい、というかんじだと思います。
顔も、いい男じゃなくて、でも貧相じゃなくて、どこか愛敬のある顔立ちの役者さんがいいと思います(最近そういうひと減りましたね)。
たとえばこの中村勘三郎さんなんか、こうやって見るとまんまイモ兄ちゃんですが、
お公家さんも武将もお殿様も、じつはとてもよく似合って上手です。そういう、役者としてという以前の、もっと基本的な人間としての幅の大きさがないと
魅力的な“ヨゴレ役”はできないんじゃないかと思います。

このテのイモ男って、よくみると実はいいカラダで男くさくてセクシーで、しかも性格がいいんです。
なのに、
自分じゃその魅力を全然わかってない、
つまり全然ナルシストじゃないっていうのがいいんだと思います。
「男のフェロモン」が、普段は出しかたがわからないから全然出てなくて、こ汚い服の下に自信なさそうにたゆたっていて、
でも、いざ「やるぞ」って段になったら、もう、一生懸命、出まくる出まくる…(←誤解を生む表現です)。

自分の魅力を、普段は表に出さないで、自慢もしない。
そういうのって、つまりは日本古来の美意識の根底にある、あの、
“奥ゆかしさ”というものに通じると思います。

さて茂平くん、結局おすもうさんにはなれなくて、流れものの侠客になってしまいます。
いくら「前相撲」の取的の社会的地位が低くても、とにかくまっとうな人生、
ヤクザになったら転落だと思うんですが、やはりまあ、とくに昔のお芝居や映画に強い傾向ですが、
ヤクザさん=かっこいい、みたいなのがありますので、お芝居的には、ダサかったお兄ちゃんが、次の幕ではかっこよくなて颯爽と登場、みたいな雰囲気です。

ヤクザになったそのおかげで、茂平君、十年後、土地のやくざとトラブルをおこして困っている昔の恩人、お蔦さんをたすけることができるんですが、
やはり「面目ない」とお蔦さんにあやまります。
相撲取りにはなれなかったけれど、恩人を助けることはできた。
これが自分の人生の最大の名誉で、一世一代の土俵入りだ、
ということから、タイトルが付いています。
「一本刀」は常に腰に脇差をさして旅をしている流れ者のヤクザさんを表しています。

そういうちょっともの悲しくてイマイチ「かっこよくない」ラストです。
このへんも「新作もの」らしい味わいかもしれません。

まあいつの時代もやっぱりこの国では、ちょっとダサいけど気のいいイモ兄ちゃんがけっこううけるってコトかもしれませんね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 06:12 | category: 歌舞伎風俗通信 |
# スポンサーサイト
| - | - | 06:12 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/5
トラックバック
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links