歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 女衒の話をしてみる | main | 幸四郎と団十郎のことを書いてみる >>
# 「外郎売」の衣装のそろえかた
わりと、ちょっとした発表会などで「外郎売」を演るかたがいらっしゃるようで、
衣装どうすればいいかという質問を前のサイトのBBSで何度か受けました。

質問:ところで、外郎売りの衣装はどんなのがいいのでしょう?歌舞伎の中の衣装も知りたいのですが、比較的容易に手に入るか、もしくは、裁縫があまり得意ではない人間にでも作られるようなものでとなるとどの辺までゆるせるかっていうあたりのアドバイスなどなど、できればお聞かせ願えないものかと。

おお、衣装ですね。
古い歌舞伎の衣装はこんなです。
今もだいたい同じ感じです。

現実的に必要なものとしては、

・浴衣
着物がいいのですが、柄の大きいそれらしい着物は手に入れにくいと思うので、
できるだけ柄の大きい派手な浴衣を。
リサイクルショップで安く買えることがあります。
浴衣いちまい着るとシルエットがみすぼらしいので、可能なら2枚準備して重ね着しましょう。
チナミに歌舞伎の舞台衣装は、下着→襦袢→綿で厚みを出した着物→袖なし羽織、です。
そで周りやスソに、黒か赤でフチドリをするとナイスですね。

で、フツウの浴衣は足首まであります(当然)。
外郎売りさんは「物売り」なので、スソ丈の短い着物を着ています。
折って縫うor切って縫う、というテもありますが、浴衣の使い回しが効かなくなりますので、
後ろの方を、帯とスソの間くらいでつまみ上げて、下から帯にはさみます。
スソを持ち上げてはさむをヒザが出てしまいますので、
まん中へんでいいのです。
こうすると、いい具合に絵のような長さでスソが落ち着きますよ。
はさんだ後落ちてこないか心配なときは、安全ピンで留めてから帯を締めましょう。

・着物の着かたと帯の結び方の図解です=こちら=

・ももひき
本当は布製なのですが、銭形平次が履いてるようなあれ。
まあ、ふつうのネルとか綿とかのでいいと思います。スーパーで売ってます。
足が剥きだしだと、ちょっとかんじが出ませんので推奨です。

・草履 
本当はワラジ履きだと思うのですが、まあ、はきもの屋さんで雪駄買えば充分でしょう。
最悪ビーサンの鼻緒を黒く塗って(笑)。

・帯
まあてきとうに。少し幅があったほうがいいです。

・三尺帯
なくてもいいですが、あったほうが「衣装」っぽいです。
帯の上に、サラシをひと巻きして前で結びます。
小田原から売りに来た「旅商人」ぽさを出す演出です。
じっさい、江戸の街で地方の名産品を売る商人たちは、じっさいは江戸市内から売りに出ていても
「旅して来ました」ふうに旅装束で売ったのです。
三尺帯は前で結びますから飾りにもなりますしね。
あ、「三尺」と言っても90センチではありません。鯨尺なので1mちょいです。
体形に合わせててきとうに。
さらし布は着物屋さんや洋品店で1000円くらいです(10m保証)。
また、帯がうまく結べなくても「三尺帯」を上に巻いてしまえばごまかせます。

・袖なし羽織
あってもなくてもいいです。
ただ、細長い布を縫い合わせればそれっぽくはなるので、余力があれば作ってみてもいいかもしれません。


・荷物は、図のように黒く塗った木製っぽい箱をかついだようです。「ういろう」とか書いて。
このへんはダンボール黒く塗るとか、てきとうでいいかと思います。

・髪型ですが、ちょんまげを結う必要はありません。
絵のようにてぬぐいをかぶってしまえばいいからです。
手ぬぐいは着物屋さんで買えますが、最近はご婦人向けの花柄とかばかりなので、
いっそ「さらし布」切って使う方がいいかもしれません。
売ってれば「豆しぼり」はアリかと。
そのへんの水色(浅葱色)の布を手ぬぐいサイズに切って使う、というのも手ですね。
なぜ水色かというと、この色が「貧乏なので安い服」を示す約束だからです。見た目キレイな服ですが、そういう約束です。
浅葱色はまた、若々しさの象徴でもありますよ。若さと貧乏、紙一重。
大道のモノ売りも貧乏ですので、浅葱を使います。そんなかんじです。

かぶりかたはてきとうでいいですが、
後ろから前にまわして、額のところではさみこんで固定。
輪っかをかぶるかんじですね。
で、前から後ろに折って、ワキが左右にひろがった感じで固定。
髷がないのでうまく固定できませんから、適宜ピンとかで止めてしまいましょう。
これでカツラは必要ありません。リーズナブル。
・小物
商品の「ういろう」とか扇とか。

:メイクも聞かれました。

メイクですが、
いや、普通でいいんじゃないでしょうか。
歌舞伎だと「実は曽我五郎」という設定でもありますし、古体な荒事江戸歌舞伎でもあるので、どうしても派手目な化粧になります。
チナミに、「曽我もの」は江戸歌舞伎で定番なのでいろいろなバージョンがあるのですが、

これは「矢の根」というお芝居の、これも「曽我五郎」です。



まあ、「外郎売」の五郎はこんな派手な隈取りはしませんが(笑)、
「助六」(これも実ハ曽我五郎、という設定ですよ)みたいな隈取りはします。

助六

もちろん本物の「外郎売り」さんはこんな隈取りはしませんよ。
「江戸の物売り」としての「外郎売り」をお芝居としてなさる、ということでいいんですよね?
ふつうに、演じたいとお思いになる「外郎売り」さんのキャラクターに合わせて、
現代風のメイクをなさればいいと思いますよ。

「当時の「外郎売り」さんも、販促用にメイクしていたはず」という設定でしたら(笑)、
いや、ありえますが、
「助六」風の目尻に紅をさす感じが時代っぽくていいんじゃないかと思います。

こうなると「街の物売りのなかで、自分で工夫して化粧していたヒトもいたはず」という想像の世界になりますので、
セオリーはありません。
「いいな」と思う感じでいいとおもいます。




JUGEMテーマ:歌舞伎


| comments(0) | trackbacks(0) | 11:48 | category: 「外郎売」について |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:48 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/101
トラックバック
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links