歌舞伎風俗通信

歌舞伎コラムです。
以前某雑誌に連載していたものの書き直し再録です。
その他いろいろうざいウンチクです。楽しんでいただけると嬉しいですー。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< =10:『色男のお庭番はいつだってアヤシイやつ』の巻= | main | =12:『いい男だからイジメ甲斐がある?』 の巻= >>
# =11:『“カオミセ”の歴史と現代的意義…。』の巻=
顔見世、かおみせと読みます。 



今も毎年11月になると東京では『顔見世興行』やります。
名古屋だと5月、京都は12月。
看板やポスターでこの単語をご覧になったかたもいるかと思います。
では、これ、どういうイベントかというと、
…現代においては実はただいつも通りに歌舞伎やってるだけ、何の特典もないのです、すみません(俺があやまっても)。

TARGET="_blanc">=こちら=
その昔、17世紀の半ば、江戸も初期のころです。江戸には四つ、京・大阪には三つずつ大きな芝居小屋があって、
役者さんたちはそれぞれの芝居小屋と「月にいくら×1年」で毎年契約していました。
その芝居小屋と契約した役者さんたちが、その年の「一座」です。客演はたまにあるのですがそれは例外で、
基本的には、その、契約した「一座」で、1年間お芝居をしました。
今のプロ野球の選手と球団の関係に非常に近いです。
契約更改の時期は毎年10月です。いい仕事そした役者さんは給金が上がり、イマイチの役者さんは思うように給金が上がらなくてモメるところもプロ野球に似ています。
当然、金銭問題だの、戦力調整だの、人間関係の調整(これが主)だのの必要上、トレードがおこなわれるじゃないですか。
契約が切れるのは10月で、新しい一座になるのは11月です。
江戸上方の芝居好き達は、毎年、今年は誰がどこの小屋と契約して、誰と競演するのか、ヤキモキして見守ったのです。
そして、毎年11月にこれから一年このメンバーでヨロシクおねがいしますってお客様にごあいさつかたがた、派手な興行をやったのが、
顔見世興行です。
客としても、新鮮な座組での、競演したことのない人気役者同士の組み合わせが、どんなお芝居になるか、それは楽しみに見に行ったのです。

あと、昔はね、のぞみ700とかなかったから、上方と江戸の大物役者のトレードがあると、噂でしか知らないあの大スターがナマで見られるっていうんでもうみんな大サワギ。
ごヒイキ筋や芸者さんが集まって夜通し宴会やったりしてすごかったらしく、
役者さんもこの月はいろいろファンサービスしたりしたようです。

その時のヨロコビが遺伝子にしみこんでいて、“カオミセ”っていうだけでわれわれったら、今は何の特典もないのに、無意味にウキウキしちゃうわけです。
まあ歌舞伎ってモトモトおまつりみたいなものだしね。

江戸では顔見世のときかならず『暫』(しばらく)というのを出しました。
これは当時は演目というか、お芝居の一場面でした。やることはだいたい同じなのですが、細かい設定は毎回組み込まれるお芝居次第で変わるのです。

おおまかな流れは、
悪者がいろいろ悪巧みをしつつ、善人方の弱いヒトビトを殺そうとしています。
あわやというとき、主人公が「しばらく〜」と声をかけて花道から出てきて悪人をやっつける、というそれだけのの展開ですよ。
でも、これこそがカタルシスの王道。凝ったストーリーより演出力と芸の力です。お客さん毎回おおよろこびです。
今は『暫』、独立した演目として固定化し、主人公も後三年の役で有名な「鎌倉権五郎景高 かまくらごんごろう かげたか」(というか今日び有名じゃありません)。お正月によく出ます。

この『暫』がもっとも始めに出されたのが、江戸歌舞伎の歴史的名作である 『参会名護屋』(さんかいなごや)っていうお芝居の第一幕です。
『参会名護屋』は、お家騒動をめぐる主人公、不破伴左衛門 (ふわはんざえもん)とその友人、名護屋山三(なごやさんぞう)との、友情と確執と、恋のサヤあての長い物語。残っていないです。

そもそもこの“恋のサヤあて”という表現の語源となったのが、この
『鞘当』さやあて って一幕なのです(やっと本題)。
「参会名護屋」の三段目をモトに、文政期に書かれたお芝居の一場面です。

吉原ですれちがいざまに二人の刀の鞘がぶつかって、『無礼もの』とかいってケンカになります。
しかも二人、意中の花魁(おいらん)との三角関係の真っ最中、それもからんで大サワギ。





荒々しく男らしい悪役の不破と、冷静でいい男の名護屋のキャラクターをあらわすように、衣装も黒に稲妻、水色に雨つばめ、と対照的です。
デザインのみごとさは歌舞伎界でも屈指だと思います。

この二人、チナミにモトモトは仲のいいお友達です。
女がからむと男は変わる。あーやだ男って。
でも強い男の友達ってやっぱ同じくらい強いんですよね。格が同じっていうか、
そういうおたがい実は認めあってるというかんじが、ただの痴話ゲンカになにげに華をそえてるワケです。いいねえ、やっぱり男だねえ。
やっぱ役者さんもライバル同士的な大物二人で演るのがベスト、
今は団十郎、菊五郎で5月の“団菊祭”に出すコトが多く…
って、
ぜんぜん顔見世の舞台じゃねえじゃんこれ。
ま、歌舞伎は一年中おまつりってコトで…。

「暫」の解説です
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:41 | category: 歌舞伎風俗通信 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:41 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://somikakuda.jugem.jp/trackback/10
トラックバック
Archives
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links